09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.17 (Thu)

初ケガ

昨日、しゅうが怪我をして帰ってきました。
あごにデッカイ絆創膏を張って・・・。
怪我なんて、幼稚園の頃から日常茶飯事なので、たいして気にもしてなかったんだけど、一緒に帰ってきた子供達が、「土管から落ちはってん。押されはってん」と言ったのを聞いて、家に帰ってからしゅうに詳しく聞くと、「土管の一番高い所から、突き落とされた」と言いました。
土管の一番高い所とは、しゅうの背丈をはるかに越える高さで、しかも後ろから突き飛ばすなんて、どういう事??と、さらに話を聞くと、突き飛ばした子は、隣のクラスの障害児学級の子。
突き飛ばした後も謝ってくれない!と、しゅうは怒り心頭。
もちろん、しゅうの気持ちも分かる。怖い思いもしたし、痛かったしね。
普通ならば、悪い事をしたら謝るのが当然。
でも、障害児学級の子はそうとは限らない。
学校にいる子が、どの程度の障害があるのかなど、詳しい事は私も知らないけど、「●●学級の子はね、悪い事をしたって気づいてないのかもしれない。すぐに言葉に出して謝る事が出来ないのかもしれない。悪気があって突き飛ばしたんじゃないと思うし、今回は許してあげようよ」と、なんとかなだめて見たんだけど、しゅうはまだ納得がいかない様子で・・・(-_-;)
連絡帳にも、その時の事が詳しく書かれてあり、昼過ぎには先生からお電話もありました。
先生も、「申し訳ありません」と何度も謝ってくれて、「突き飛ばした子にも事情を聞いて、謝ってくれるように言うからね」と約束してくれました。
今回の怪我も、幸い縫うほどではないような感じだし、頭を打ったり骨折したりって事はなかったので、親は全然気にしていない。
「怪我が軽く済んだのは、おじいちゃんがお空から見守ってくれてるからだよ~」と、しゅうに話すと、「おじいちゃんがいてくれて良かったわ~」と笑顔で答えていました(^^)
今後も、こんな事が色々あるかもしれないし、しゅうには「自分の身は自分で守らなあかんよ」としっかり話しておきました。
高い所に上ってるときに、後ろに人がいたら、押されたりしないように、しっかり注意をして!と言い聞かせ、しゅうも理解してくれた様子です。
でも、最後にボソッと一言、「違う小学校の方が良かったなぁ・・・」と^^;
マンションに居たら、違う小学校に行ってたんだもんね。
お友達も多かったし、確かに違う学校生活だったかも知れないけど、何処に行っても、嫌な事や辛い事はあるんだしね。
これも一つの経験。
逞しくなってほしいわ。


子育て ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 小学生ママの日記 - ジャンル : 育児

EDIT  |  08:19  |  しゅうの日常  |  TB(0)  |  CM(8)  |  Top↑

Comment

怪我がたいしたこと無くてよかったね。
障害があるとどこまで言っていいのか悩みますね。
でもしゅうくんの気持ちもわかります。
悪いことしたら謝るのになぜ謝れないのか・・・
納得いかないですよね。
先生も頑張ってくれたと思うし
障害のある人との付き合いはこれからあるので
しゅうくんの頑張り時ですねv-16
リサスパ |  2008.04.17(Thu) 10:35 |  URL |  【コメント編集】

怪我が軽くて良かったよね!
それにしえも障害児学級の子かぁ・・・難しいところだよね。でも、しゅうくんにしてみれば誰がやったって同じことっていうか、どういう子なのかも分からないしね・・・成長と同時に分かっていくんだろうね。悪いことをしたら謝るんだよって教えられてる子供たちにとってみれば納得できないだろうね・・・でも、ホント怪我がたいしたこと無くてよかった!すんごい高さから落ちたんだもんね。しゅうくん怖かったし、痛かったね・・・早く怪我が治るといいね。
ゆう |  2008.04.17(Thu) 13:44 |  URL |  【コメント編集】

**リサスパちゃんへ**

心配してくれてありがとうね。
もう絆創膏も取れたし、本人も痛くないって言ってるよ(^^)
子供の治癒力はすばらしいからね~♪
幼稚園では、障害のある子とのふれあいとかがなかった分、悪い事をしても謝れない子っていうのが理解できないみたいでね。
学校でも、まだ始まったばかりで、障害児学級の子との接し方とかも教わってないだろうしね。
しゅう自身もまだ幼い分、理解できる範囲も狭いだろうから、今は納得がいかない!!って怒っていても、学年が上がるにつれて分かるようになってくれたら良いなって思うよ。
しゅうにはイタイ試練だったね^^;
kyi |  2008.04.18(Fri) 08:45 |  URL |  【コメント編集】

**ゆうちゃんへ**

ゆうちゃん、ありがとうね。
怪我はもうだいぶ治ったよ。
今日から絆創膏も外して登校しました(^^)
しゅうにはまだ、障害児学級の子が理解出来てないんだよね。
見た目は他のクラスの子供達と変らないでしょ?
だから余計に、なぜ謝れない?って思うみたいで・・・。
先生も、私たちも、その辺はしっかり説明してはいるんだけど、幼い分、まだまだ完璧には理解できないみたいやわ^^;
今回の事で、障害児学級の子への、偏見を持たなければ良いんだけどね・・・。
傷は治っても、心の面でどういう影響が出るか、ちょっと不安だよね。
kyi |  2008.04.18(Fri) 08:49 |  URL |  【コメント編集】

おぉ!
しゅうくん、入学早々、荒波に出会ったのね。
怪我は大丈夫かな?
先生も熱心に対応してくれて、よかったね。
うちは、近所に障害のあるこがいて、娘もどちらかという障害があるから、その辺の折り合いに、苦労してたことが…
2歳くらいから、親子で外遊びしてると、必ずぶちにくるってこともあったし、コミュニティー保育時代は、自閉症児とも一緒に遊んでたし。
障害がある、なしに関わらず、急に乱暴してくる子や謝れない子…いろんな子がいるよね。
幼稚園は選んで入れるから、割と近い考えの親子があつまるけど、小学校は違うし。
私自身の勝手な考えだけど、子どもなりの障害に対する理解って、きっとできるし…
怪我は大変だったけど、とてもよいチャンスだと思うから、親子で頑張ってほしいな~
絶対、しゅうくんは理解できるし、乗り越えられると思います!
かんちゃん |  2008.04.19(Sat) 09:28 |  URL |  【コメント編集】

もしかしたら自分のブログにかいたかもしれないけど、
私の近所にダウン症の子がいて、軽度だったので普通学級に入ることになりました。
しかし、ちょっとしたきっかけでお友達のほっぺたをばりかいてしまい、相手の親は大激怒!
「傷が残ったらどうしてくれるんだ!!」
「クラスを変えてくれ、変えれないなら親が毎日監視に来い!」と、
学校側もあまりの剣幕を抑えることができなかったのでしょう、結局相手の言うがまま、その子のお母さんはパートもやめ始業時間から下校時間まで教室の片隅で見ていたそうです。
そして、心労で倒れて入院していまい結局転校しました・・・

このケースは学校側の対応に私も憤りを感じて仕方ありませんでしたが、
やられた側の親の気持ちも分からないではないです。
問題が起こった時に学校側がどういう対応をとるかでその学校力が問われますし、障害者だから何も分からない、謝るのも出来ない、というのでもいけないと思うしそれはkyiさんみたいに家庭でうまく説明してあげることも大事ですね。
そういう時の親の対応も子供をぐっと成長させる機会ですよね。
chiharu |  2008.04.22(Tue) 07:33 |  URL |  【コメント編集】

**かんちゃんへ**

そうそう、小学校に入って、幼稚園とは違うって、つくづく実感する事があるよ。
学級の中にも色んな子がいるしね。
しゅうもまだ始まったばかりで、これまでとは違う環境や人にちょっと戸惑ってる所はあるみたいだよ。
多分、まだ学校でも、障害児学級の子供との接し方みたいな事は、習ってないと思うのよね。
だからしゅうも、突き飛ばしたのに謝らない!!って最初は怒っててね。
その後、ちゃんと先生が間に入って、ごめんねって言ってくれて、握手して仲直りしましたって連絡帳に書いてあったよ(^^)
しゅうも笑顔で許してくれたって。
どんな子供でも、ちゃんと話せば理解できるものね。
学校と家庭で、その辺はしっかりフォローしていかないといけないよね。
kyi |  2008.04.22(Tue) 13:19 |  URL |  【コメント編集】

**chiharuちゃんへ**

なるほど・・・そんな事件もあったのね。
私もね、しゅうが怪我して帰ってきたときに、突き飛ばしても謝らないって所だけを聞いた時は、どう言う事??ってすごく頭にきたのよ。
でも、その後で、障害児学級の子だと知って、それなら仕方ないなぁって思ったのよ。
勿論、障害のある子だから何をしても良い訳じゃない。悪い事をしたら謝るのも当然。
でも、他の事同じように、その場ですぐに謝る事って難しいでしょ?
だから、「時間はかかるかもしれないけど、いつか謝ってくれるからね」って言って説得したの。
その後、先生から、突き飛ばした子も謝ってくれて、しゅうも笑顔で握手して許してくれましたって連絡があって、無事に解決できて良かった~って安心したよ(^^)
しゅうも、もう全然気にしてないしね。
やっぱり学校側の対応って言うのも、大きいと思うよね。
まして、まだ入学したばかりなら、親も神経質になってる所もあるしね。
障害のある子や人に理解がなかったら、学校に怒鳴りこんでもおかしくないと思うわ。
子供に教える前に、親がちゃんとした考えを持ってないと、難しい事だよね。
kyi |  2008.04.22(Tue) 13:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。